表札の文字を自分で描く「自分文字」

自分文字で表札を製作

イラスト好きな方や、カリグラファー、書道が得意な方は必見です!
自分で書いた文字を表札に仕上げるオプションで、写メを送るだけでご対応させていただきます
白い紙にマジックなど、濃くて太い黒色で書いてください
薄墨やグラデーションなどは表現が出来ませんので、ご注意くださいませ

※こちらの自分文字は現在、10,800円以上の表札をご購入いただく方には、無料でご対応させていただいております

無料対象のお客様で、ご希望の方はご注文の際に、備考欄に「自分文字希望」とでも記載しておいてください

普通の文字ではつまらない・・・もっと変わった、かっこいい文字で作りたい、オリジナリティを出したい方に!
自分で書いた文字を、そのまま表札に仕上げるサービスです
漢字のみを書いて、ローマ字やワンポイントはそのまま、既存のデザインや書体を使えます
ローマ字も自分文字にすることは出来ますので、カリグラフなどで書いた文字を表札にすることも♪
子供が書いた文字を記念で表札に仕上げたり、書道で楽しい文字を書いたりと、面白い表札が作れます
やり方は簡単で、真っ白な紙に大きく黒文字で書いて、写メを送るだけでOKです
名前を自分で書いた名前を表札にする方法

注意事項

「白い紙」に書かれた「大きく、はっきりとした黒い文字」が必要です
書道の紙やコピー用紙など真っ白な紙を使用し、黒くはっきりと、大きく書いてください
罫線の入ったルーズリーフや、広告の裏、青やピンクなど色のついた紙などは使用しないでください
シルエット・太い線画(マジックで書いたようなイラスト)であればイラスト等もOKです

彫刻となりますので、彫るか彫らないかの2段階しかないため、濃い薄い(黒とグレー)などの表現は出来ず、必ず濃い黒色にて書いてください
理想としては、太いマジックなどで書かれた文字などが良いです
※鉛筆でデッサンのように書いたような文字は、必ず黒く塗りつぶして、下書きの線は消してください
グラデーションにするなどは出来ません
また、「かすれ」なども曖昧で、かすれも忠実には出ませんので、ご了承ください
書道など筆で書かれる場合は、薄墨などは使わずに、濃くはっきりとした文字を書いてください

ロゴをご希望の方は、こちらをご参照ください

文字を送る方法

スキャナでスキャンしてPDFなどをお送りいただくか、スマホやデジカメで写真を撮って、メールでお送りください
※昔の折り畳み式携帯などのガラケーの場合、写真が小さいためNGとなります
写メの場合は、明るく大きく、真っ直ぐにして写してください(斜めだと、そのまま斜めの文字になります)
イラストレーターを使える方は、アウトラインを取って、ベクトル画像データをお送りください
その他のソフトで作られる場合は、文字を大きくして、JPGなどの画像データをお送りください
※ワードやエクセルなどのデータを送られても、製作は出来ませんので、必ず大きな「画像データ」にしてください
ワードやエクセルなどで作る場合は、文字を目一杯大きくしてプリントしたものを、写メでお送りください

対応可能な表札

基本的に彫刻する表札であれば、どの表札でも対応する予定でおります(切り文字は不可)
何か対応が難しい事案が発生する場合も考えられますので、その際はご容赦くださいませ

想形文字の表札写真は文字作家さんの想形文字での製作事例

販売価格:1,320円(税込)

1万円以上の表札の場合は、無料対応となります

あわせて読みたい