化粧ブロックにビス4本固定のタイル表札DSN-04

ビス4本固定のタイル表札DSN-04

取付け方法としまして、ブロックに下穴をビス位置に合わせて4箇所開け、開けた穴にアンカーを埋め込んでから、タイルをビス固定します。

インターホンとの比較で良く大きさが分かり、とても参考になる写真をいただきました。

化粧ブロックにビス4本固定されたタイル表札DSN-04です。

プライバシー保護のため、写真の一部にボカシを入れてあります。

取付け方法としまして、ブロックに下穴をビス位置に合わせて4箇所開け、開けた穴にアンカーを埋め込んでから、タイルをビス固定します。

インターホンとの比較で良く大きさが分かり、とても参考になる写真をいただきました。

まだ工事中とのことで、ドライバー等も写っており、現場の状況もよく伝わります♪

長方形のタイルなので、ビス固定にも合っています。

ビス固定の場合、タイルには鉄パイプを通してあり、ビスの締め過ぎによる破損を防止しておりますが、電動ドリルなどはトルクが強く、一気に食い込んでしまいますので、タイルを取り付ける際には、絶対に電動ドリルを使用しないで、手動式でお願い致します。

写真のドライバーも、多分業者さんが手動で行った為、写っているものだと思います。

プロの業者さんが設置したとのことなので、流石の取り付けです!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。