タイル表札用バックプレートの設置方法

バックプレートとタイル表札

タイル表札用の背面プレートで、凹凸面にタイル設置したい場合や、設置面をボンドで汚したくない場合に、ご活用下さい♪

◆タイル表札用バックプレート

バックプレートの利用イメージ

凹凸面にタイルを貼りたい場合や、設置面をボンドで汚したくない場合に、ご活用下さい♪

取付け方法

バックプレート単体

ビス固定でバックプレートを取付けます

※ビス固定は1本若しくは2本で固定。(写真は2本で固定しています)
1本の場合は、センターの穴をご使用下さい。
(DSN-05用はセンター穴がありません)

ボンド接着したい場合は、プレート裏面をサンドペーパーで荒らして、削り粉を綺麗にしてから接着すると強度が上がります。

ボンドは山盛りにして押し潰すように接着し、押し潰した際に、ビス用の穴からボンドが出てくるようにして下さい。

この出てきたボンドが、落下や引き抜き強度を高めてくれますので、重要です。

ボンドが硬化するまで、仮固定が必要なので、屋外用強力両面テープを併用されることを推奨いたします。


バックプレートとタイル表札バックプレートへ、タイル表札裏面に貼ってある両面テープで貼り付けます。

※両面テープがくっ付いてしまうと、強力で剥がせませんので、慎重に貼って下さい。

貼った後、タイルの四隅を「指で」30秒ぐらい、軽く押し付けて圧着していて下さい。

がっちり取付けたい場合は、更にボンドを併用して下さい。以上で完了です!


※ バックプレートとタイル表札は基本同サイズになります。

但し、タイル表札が1~2mm小さい場合がございますので、予めご了承下さいませ。

バックプレートの相乗効果として、厚みがありますので高級感が増します。

バックプレートはアクリル製で厚さ10mmです。
ビス固定用に穴開け(3箇所)加工がしてあります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。